異母兄弟がいます。相続が面倒と聞いたのですが。(38歳 女性 会社員)

2015年12月4日


ご相談

私には母の違う異母兄弟がいます。異母兄弟は相続するときに難しくなると知人に言われました。父とは血が繋がっていますが、実の母とは私が幼い頃に離婚をし、今の母とは血が繋がっていません。弟達と私は異母兄弟という事になるのですが、どうなのでしょう?

相続110番の女性

ご回答

現時点でご両親はいらっしゃいますので、これから発生する相続を予想してみましょう。

異母兄弟

相談者さんがAさんとして法定相続分の事例をご紹介します。

▼異母兄弟の法定相続分:血の繋がった父編

上記のケースで、父が亡くなった場合の相続は母が1/2。3名の子が残りの1/6ずつの法定相続分となります。

すでに戸籍上離婚をしている場合前妻の法定相続分はありません。

▼異母兄弟の法定相続分:血の繋がっている前妻編

たとえ両親が離婚をしていたとしても、親子の血縁関係が壊れるワケではありませんので、

Aは前妻(実母)の財産を相続することになります。この場合一人っ子なのでAがすべて相続する事になります。

離婚している父、現在の母、B・Cは相続する事はありません。

▼異母兄弟の法定相続分:血のつながりのない母編

Aと母に関しては血のつながりがありません。母の財産を相続するには母とAが養子縁組をしている必要があるのです。この事は後の異母兄弟の相続の際に重要なポイントになってきます。

▼異母兄弟の法定相続分:BまたはC編(父母既に他界の場合)

異母兄弟のBまたはCが亡くなった際に通常と異なる法定相続分が決められているのです。

異母兄弟A

上記の様に父母が既に他界しているケースで兄弟に子(配偶者)

Cのケースでは子と配偶者がいる場合、配偶者と子が相続人となりますので、A・B共に相続する事にはなりませんね。ではBが他界した場合はどうでしょう。

異母兄弟であるAとCが配偶者も子もいないBの相続人となるわけですが、ここで異母兄弟であることでCとの間に法定相続分に違いが出てきます。

異母兄弟の相続分は全血(血のつながりのある)兄弟の半分とされていますので、Aは1/3.Cは2/3.という事になるのです。

子ども

異母兄弟の相続でポイントは子どもの存在

Cにもし、配偶者はいても子がいない場合、Cの相続では配偶者とA・Cが相続する事になります。配偶者と兄弟が相続人になるケースでは3/4が配偶者、1/4が兄弟となる為、通常1/8(1/4×1/2)ずつをAとCで相続します。しかしここでもAは半血兄弟のため、2/12(1/4×2/3)がCの法定相続分。1/12(1/4×1/3)がBの法定相続分となるのです。

子がいれば、兄弟姉妹が相続をする事はありませんので、ポイントは配偶者よりも子の存在が大きいですね。

異母兄弟の問題は今後も増加?

異母兄弟だと面倒というのはこのようなところになるのかも知れませんが、そもそも、相続が発生する頃に異母兄弟であろうとなかろうと、結婚をして、子もいるだろうからとお考えになる方もいるかもしれません。しかし、現在の婚姻関係の状況では離婚が増加傾向にあり、また更に再婚も増加しています。そして一度も結婚をしない生涯未婚率も上昇しています。さらに晩婚化などの影響もあり、女性は3人に一人は出産を経験しないという異常に偏った傾向にあります。

このまま一度も結婚をしない人と何度か結婚をする方、子がいる方とそうでない方の二極化が進めば、異母兄弟の相続というケースも今後増えてくるのはないでしょうか?

書類を書く

異母兄弟の問題点、母の相続

異母兄弟で考えておかなければいけないことは、父の相続の後に母の相続がやってきた場合です。現代の高齢者の相続ではおおむね父名義の財産が多く、女性の方が長寿である特性からその財産を配偶者が大半を引継いでいる傾向があります。

ここから、母の他界により二次相続が発生した場合に、Aに父の財産が一切残らない結果という事態もやってくるのです。配偶者控除を利用し、父の財産を母がすべて相続した場合に、Aは養子縁組をしていなければ母の財産を相続する事はありません。

生前にしっかりと考えておかなければ、異母兄弟の相続はトラブルを招きかねないのです。

異母兄弟がいる相続の問題は下記よりご相談下さい(無料)
btn-mv-index-action11

 

連れ子は当然相続できる?は大間違い。連れ子の相続対策

離婚暦のある人は要注意!離婚が相続トラブルの要因になるかもしれない?

//

相続のお悩み、お気軽にご相談ください。
電話相談の受付時間は平日10:00〜18:00です。