【成年後見】争族にしないための成年後見制度利用

2018年4月4日


Ujikeyuusama

コラム著者:氏家 悠 弁護士

今回は【相続110番】に多くご相談がある“成年後見”について、氏家悠先生がお話しします。

 

成年後見ってなに?

成年後見は、老いや障害によって、判断能力が著しく減退した人の財産を守るための手続きです。成年後見の手続きは、親族らが、裁判所に申立てを行い、裁判所が成年後見人(弁護士など)を選任することでスタートします。以降、成年後見人が、本人の通帳や有価証券を預かり管理し、老人ホームの手配などの身の回りの事務を行うことになります。財産管理は成年後見人の責任において行うこととなりますので、たとえば、訪問販売で高額な商品を買わされた、振り込め詐欺に騙されたということを防止できます

他方、成年後見人は、裁判所に対し、毎年1回、その1年間の収支の状況を報告する義務を負います。裁判所のチェックによって、成年後見人の職務の適正が担保されることになります。

なお、成年後見人を選ぶほどではないが、判断能力に陰りがあるという人については、その陰りの程度に応じて、保佐、補助という手続きも用意されています。

「成年後見人なんか選ばなくても、子どもが財産管理すればいいんじゃないの?」

確かに、成年後見人を選任しなくても、銀行のキャッシュカードを使えば、親の口座からお金を引き出すことができますし、もしかしたら、親名義の実家を売却することもできるかもしれません。お金の引き出しや実家の売却が、利害関係者(将来の相続人)の目に触れないのであれば、法律上、紛争が生じることはないかもしれません。


親の財産管理は「争族」の元!

しかし、人生において、親の財産に目が向けられる機会が、少なくとも一度あります。親が亡くなったとき、つまり、相続発生時です。

たとえば、遺産分割の話し合いの場で、県外で生活していた次男から、親と同居していた長男にこんな言葉が向けられるかもしれません。

「兄さんは、父さんの財産を勝手に使ってたんじゃないの?」

通帳の出入金には自動的に使途は記録されません。親族による財産管理の場合、しっかりとした出入金を管理していないことが多いでしょうから、相続発生時からさかのぼって、数年前の出金が親のための出金だったということを証明するのは困難だと思われます。他の相続人が納得できる説明は難しいでしょう。

遺産が手元に来ない!

親の遺産は、基本的に、相続人全員の合意がないと分けることができません。使い込みの疑念が生じれば、どちらかが折れない限り、話し合いで円満に遺産を分けることは難しくなります。話し合いがまとまらない場合、遺産は、最終的に裁判所の審判によって、法律上の割合(法定相続分)で、強制的に分けられることになりますが、その審判が出るまでに、長ければ2年以上かかってしまうこともあります。その間、遺産は塩漬け状態になってしまうのです。

また、裁判所での手続きを弁護士に依頼した場合、弁護士費用は相続人各人の負担となりますし、親の財産を私費に使っていた事実がある場合には、その金額を返還しなければならない事態になることもあります


親の財産は親のモノ

いずれ自分のものになるからと、親の財産の管理を開始される方がいますが、あくまで、親の財産は親のモノです。「遺産見込み」との認識での行動は、先に述べたような相続時の紛争を招きかねません。親が健在なうちは、成年後見制度等を利用した、公明正大な財産管理を検討されることをおすすめします。

 

弊社は、相続をはじめとした様々な問題に対応できる専門家と提携しております。

遺産分割協議で揉めている、成年後見について詳しく知りたい・・などどんなことでも構いません。

どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

相続のお悩み、お気軽にご相談ください。
電話相談の受付時間は平日10:00〜18:00です。