【円満相続】家族や親戚同士の良好な関係構築がカギ!

2018年10月9日


インタビュー協力:佐藤 良久 相続コンサルタント

前回のコラムはこちら↓

円満相続に近づくためには?

相続の生前対策において必要なことって、何だと思いますか?

今回は【相続110番】掲載の一般社団法人さいたま幸せ相続相談センターの佐藤良久先生にお話を伺いました。

 

—佐藤先生、これまでに相続の生前対策に関する案件で、本人と将来の相続人が一緒に取り組んだ案件はありましたか?

佐藤:はい。あります。10年前と比べて、最近ではメディアが相続に関する情報を発信することが増えました。その影響で、本人だけでなく周りの人間も相続を意識するようになり、相続についての会話がしやすい状況が生まれているように思えます。

 

—最近では本人と将来の相続人が相続対策に一緒に取り組むことが、自然なことになってきたのですね!

佐藤:そうなんです。相続は揉める!などネガティブなイメージをメディアが多く発信するので、悪いイメージを持っている方が多いと思います。でも実際には悪いことばかりではありません。相続について本人と将来の相続人たちが円満相続に向けて話し合っているご家庭は意外と多いのですよ。

 

—しかし、血がつながっている親子や近しい者同士だとそういう話は比較的しやすいと思いますが、配偶者、「子どもの配偶者」など少し遠い立場の人は、相続について口を出しづらいと思っている人が多いのではないでしょうか?

佐藤:確かに、「子どもの配偶者」のように相続に直接的に関係のない人が、意見をすることは控えた方がいいですね。ただ、各家庭で色々な背景があると思います。たとえば長男の配偶者の方が、そのご両親を介護されていたりすることってありますよね?

 

—はい。長男の配偶者に長男のご両親の相続権は無いですが、介護でかなりの労力や時間を使っているということは多い気がします。

佐藤:そうですね。だからといって長男の配偶者本人が意見すると、他の相続人と対立してしまう可能性があります。このような話は、結構聞きますね。こういったトラブルを防ぐためには、普段から持続的にコミュニケーションをとり、良好な関係を構築する努力をすることが大切になります。

 

—なるほど。では相続の話の前に、良好な関係を構築がカギになるということですね。

佐藤:はい。このパターンでいうと、意見を代弁する役割は長男にあります。そのため、夫婦関係が良好かどうかということも、とても重要となってきます。

 

—そうですね。夫婦で意見が合わない!なんてことも考えられますからね。

たとえば相続の生前対策を講じても、亡くなった後にどうしても問題が起きてしまうことってあると思います。そのような場合には、佐藤先生が運営されている一般社団法人さいたま幸せ相続相談センターのような相続に強い専門家に相談するのがベストなのでしょうか?

佐藤:そう思います。最近は士業の方々が集まって運営している組織は、増えてきています。まずは、そのようなところで相続に関する一般的な見解を聞いてみましょう。あと、複数のところに相談することをお勧めします。相性とか色々あるでしょうから、いくつかの事務所を比較しながら依頼したい専門家を探しましょう。

 

—佐藤先生がセカンドオピニオンの立場になって対応されたこともありますか?

佐藤:はい。実際に相談して下さった方には「他の専門家にも聞いてみたほうがいいですよ。」というお話をしていますよ。

 

弊社は、相続をはじめとした様々な問題に対応できる専門家と提携しております。

複数の専門家に相談したい、生前対策について悩んでいる・・などどんなことでも構いません。

どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

相続のお悩み、お気軽にご相談ください。
電話相談の受付時間は平日10:00〜18:00です。