司法書士の先生のところへ相続相談に行こうと思っていますが(69歳 女性 主婦)

2015年10月20日


ご相談

知り合いの司法書士さんのところへ相続の相談に行こうと思いますが、司法書士さんより弁護士さんの方がよいかもと友人に聞きました。どちらがよいのでしょうか?

8e6d0f0b00b4a672a4ac18bde87a177f_m

ご回答

司法書士の先生への相続の相談をご検討されているようですね。相続のトラブルや事例は内容により様々です。司法書士他、専門家にも職域が限定されている事もありますので、何が問題としてあるのかを整理する必要があります。

専門家業務範囲

まず、司法書士の先生ができる事は、相続人や相続財産等の調査を行うことです。被相続人、必要であればその父母、祖父母の戸籍を辿り、相続関係図を作成します。これにより相続人を確定していくのです。

遺産分割協議を終え、様々な手続きに必要となる、遺産分割協議書の作成も司法書士の先生であれば、作成することが可能です。

表によるとここまでは、代表的な司法書士をはじめ各専門家であれば全員が作成することが可能となるのです。

司法書士の先生ができる事としては相続登記についても相続した土地・その他不動産など、を被相続人から相続人の名義に変更する手続きで、法務局での手続きとなります。

この業務については、司法書士以外で他にできる専門家は弁護士のみとなります。

上記のことから、法定相続人の間で財産の分割が決まっており、相続する方全員の合意がとれる場合で、不動産が含まれている場合の相続手続きの依頼などが必要になる時は司法書士の先生への相談は適切といえますね。

相続110番

しかしながら、税務申告などを専門家へ依頼する場合は税理士への相談が必要になります。もし、相続財産の中に不動産がない場合で申告が必要な方なら、税理士の先生だけですむ事もあるでしょうが、税務申告が必要なケースではほとんどの方が不動産を所有しているのではないでしょうか。

相続110番

司法書士に出来ない事?

いずれにしても、相続登記は相続人を確定や遺産分割協議書は様々な手続き上、いつかは必要になりますが、司法書士の先生が税務以外で、できないことがあるのを忘れないようにしておいて下さい。

それは、「代理人」になることです。相談者の代りに、遺産分割協議の席で他の相続人と話し合いをしたり、調停や審判の代理人を勤めることはできないのです。法律に携わる司法書士ではありますが、業務の範囲に制限がある為、遺産分割協議で揉めている場合、代理人として話をまとめたりすることはできません。

大手の相続専門の法律家事務所では、司法書士の法人と弁護士法人が連携しているまたは同じ事務所に在籍しているような場合、窓口は一本化することができるでしょう。

税理士にしかできない事?

上記の表を見ていただくとわかるように、司法書士をはじめ、他の専門家にはできない事があります。それは相続税の申告です。これはやはり税務のプロの専売といってもよいでしょう。たとえお金をとらなくても相続税の申告を本人に代わって出来るのは税理士だけとされているのです。

同様に税務相談も税理士にしかできない事です。いわゆるFP(ファイナンシャルプランナー)などの税務の仕組みなどを解説されているセミナーなどもございますが、単に税制の紹介や仮定の事例に基づいた説明は税理士法違反にはならないとされていますが、個人の具体的な税金(相続税、贈与税)に関する相談となると「税理士がいい」というよりかは「税理士しか頼めない」というのがホントのところですね。

税理士さんに関しても、不動産登記などできない事がある為、相続の事案を多く抱える税理士さんの場合、提携先に司法書士事務所や弁護士事務所を抱えているまたは同じ法人として連携しているケースが見受けられるのです。

相続110番

司法書士や弁護士、税理士以外にもいる専門家?

行政書士をはじめ、このほかにも相続に関する専門家はたくさんいます。何についての相談なのか生前対策であれば、資産を増やし家族に少しでも多く財産を残す方法を考える方もいるはずです。そうなれば、不動産売買、株式。確実に特定の方に現金を残すためなら、生命保険を検討する方もいるでしょう。信託銀行では相続に関する様々な商品がありますし、特殊な事例の専門知識を持った適任者に依頼すれば、不動産評価一つで財産評価が変わる事もあります。(←全ての方ではありません)

だれもが、相続に関してトラブルを起こしたくありませんし、裁判なんてしたくないのが本音です。徹底抗争となれば弁護士の先生の手が必要になりますが、その前に少しでも余地があるのなら相続人間の心情に訴える専門家に依頼する方法もあるのです。

まずは、何がご相談のポイントなのか、相続の事例を多く経験している専門家なのか、という事を整理して誰に依頼をするか検討する事をオススメします。

「相続110番(株式会社FORM)」では無料でご相談をお受けしております。ご相談者さまのご事情に合わせた専門家をご紹介する事も可能ですのでお気軽にお問い合わせ下さい。

司法書士をはじめ相続に関する専門家のご相談は下記よりどうぞ(無料)
btn-mv-index-action11

 

相続のお悩み、お気軽にご相談ください。
電話相談の受付時間は平日10:00〜18:00です。