葬式と相続*生前にできること、喪主になったときの注意点*

2017年7月3日


人の死とお金

人が亡くなることで発生する、相続が絡んだ金銭問題。誰しもが必ず迎える死について事前に調べてしっかりと準備をしたいものですが、実際はそれが現実となるまで何もしない・・という方が多いのではないでしょうか。しかし葬式には、相続に関わる事柄がたくさんあるのです。今回は亡くなる本人、喪主の双方から見た葬式費用のお話をします。

 

葬式費用は控除の対象って聞くけど・・。

相続の話をしている時、よく葬式の話題を耳にしませんか?通常は葬式を行う者が葬式費用を負担することが、原則とされています。しかし相続110番へのご相談で話を伺っていると、そのための資金の準備をしていない方が多くいます。その理由の一つとして、相続財産から葬式費用を差し引いて相続税を計算できることが関係しているのではないでしょうか。

・通夜、葬式、告別式

・お布施

・火葬、埋葬、納骨

・死体の捜索

・遺体、骨の運搬

上に書いた事柄に使った費用が、相続税の計算の際に差し引けるものです。

 

自分で準備しよう!~生前予約・生前契約~

亡くなったときの葬儀の内容や墓地について、故人となる本人が生きているうちに予約しておくことができます。これを不謹慎と思う方は多いかもしれませんが、一人暮らしの方が多くなってきている今、それは自然なことと捉えられてきています。最近では“終活”という言葉が使われ、人生の終わりに対する前向きな活動の一つだと考える風潮が見られます。

・互助会

加入者が毎月一定額の掛け金を払い、冠婚葬祭のサービスを受けるシステムです。月の支払額がリーズナブルで、完済しても権利が永久に保証される点が特徴です。

・JA葬祭

農業者の組合組織である、農協が行っている葬儀事業です。JAの式場だけでなく提携している葬儀屋や公営会館を使うことが出来るので、急な葬儀でも希望に合う式場を見つけやすい利点があります。

他にも様々な方法で、死後についてあらかじめ決めておくことができます。相続税の金額が大きくなることを気にしている方は、生前に契約をし支払いを全て終えてしまいましょう。

 

費用を明確化しよう!~喪主になったら~

核家族化、少子高齢化が進むなかで、誰しも喪主を務めることになる可能性はとても高いです。喪主や家族は故人の闘病中から四十九日法要までの長い期間、多忙を極めます。そのときになって慌ててしまわない為の注意点を、いくつか説明します。

・葬式費用の確保

被相続人となりえる方が先が短く万が一亡くなったら、その方の預金を葬式費用に充てたいと考えている方は多いでしょう。喪主(または施主)の方は、被相続人となりえる方が危篤と知った段階で、ご自身の口座へお金を移しましょう。その際預金を全てではなく、葬式費用として使うであろう金額分を移動させることがポイントです。

・交通費、宿泊費の記録

故人の死によって、喪主や親族が駆けつけることで発生します。その中で喪主が払った費用は全て、金額が分かるものを残しておきましょう。これは課税対象となるものと、そうでないものに分かれます。後に相続税の計算をする際に、この記録が必要となります。

・お布施の金額

先ほども書いたように、お布施は相続税の控除対象です。お布施を入れる袋の裏表に必要事項をすべて書き入れ、広げたもののコピーをとりましょう。領収書をもらえなかった場合、これがその代わりとなります。

・葬式に関連した支出の算出

葬式費用を故人の財産から充てた場合は、遺産分割協議や相続税計算の際に必ず必要となります。一つ一つかかった金額の記録、領収書の保管を行うようにしましょう。あのときどうだったか思い出せない、など不明確なことが原因で、親族から不審に思われたり、トラブルになるのを避けるためです。

相続は人の死とお金が密接であるが故に起こることなので、漠然とマイナスなイメージを持っている方がとても多いです。しかし人生の終わりを迎えるにあたり、自分で葬式や墓地について考えてみるとどうでしょうか。不思議と気持ちが前向きになり、今までの人生を振り返る良いチャンスとなるかもしれません。喪主や家族は故人が生きているうちに準備をある程度しておくことで、いざ別れが来たときに落ち着いて送り出せるのではないかと考えます。

 

相続に関するご相談や、専門家のご紹介を無料で承っております。
ご自身の死後が不安な方、葬式費用についてお悩みの方は、お気軽にご相談くださいませ。

相続のお悩み、お気軽にご相談ください。
電話相談の受付時間は平日10:00〜18:00です。