自動車の相続の手続きは、何をすればよいでしょうか。父の自動車を相続したいです(34歳 女性 自営業)

2015年4月9日


ご相談

父の自動車を相続する事になりました。輸入車ですが、手続きは何をしたら良いのでしょう。 

車を相続する

 

ご回答

お父様の愛車を引継がれるとの事ですね。どのような自動車だったのかによりますが、相続財産としての手続きに関してのご質問でしたので、お手続きの流れをご紹介します。


①自動車の名義の確認

まずは名義の確認をしましょう。自動車の中に入っている車検証から自動車の所有者を確認します。

お車に乗らない方だと意外とご存知ないので、ご説明しますが車検証は運転時には常時携帯する事が法律で定められています。車のグローブボックスやトランク、サイドポケットなどに入れている方がほとんどです。

①-A 被相続人(亡くなった方)が自動車の所有者

自動車が亡くなった方の名義であれば相続財産として③以降の手続きへと移る事ができます。

そのままにせずにご家族が乗っていたりする場合、名義が亡くなった方のままでは好きなときに売ったり、乗り続けて車両の抹消や解体を行う際にさかのぼって書類を取り寄せたり、時間を経過しているがために書類の取得ができなかったりと、後々になって、困る状況になっていきます。

忘れがち、かつ手間が少々かかるものですが、放置せずに自動車を相続した際は手続きに進みましょうね。

①-B 自動車ローンの信販会社(ファイナンス会社)が所有者

信販会社名義という事は、自動車を購入するにあたり、ローンを組んでいる可能性があります。この場合、まずはその信販会社に連絡をし、自動車の購入についてローンが残っているかの確認をが必要です。

残っていない場合は所有権解除の手続きが必要です。信販会社へ戸籍謄本や相続人代表者の印鑑証明などの提出等後、譲渡証明書・委任状、印鑑証明書等が届き、③以降の自動車の相続の手続きへと移る事が可能です。

もし、ローンが残っていて自動車を今後もご遺族が使用したい場合は、残債務の支払いを求められることとなります基本的には一括払いですが、一括払いができない場合は再契約という形で相談に乗ってもらいましょう。相続する方の審査が改めて行われます。

遺産分割のために後から売る予定であっても債務はきちんと精算しておきましょう。

①-C 自動車販売店(ディーラー)が所有者

この場合、引継ぐ旨を自動車販売店へ説明し、死亡除票や戸籍謄本、印鑑証明などを整えれば、名義変更に必要な書類一式を発行してくれます。これにより③以降の手続きへと進みましょう。 

相続のときの車の名義変更

②自動車の名義変更の手続き

遺言書がある場合は家庭裁判所で検認を済ませたものを持って陸運支局での手続きとなります。また遺言がある場合でも、話し合いにより遺言書の指定者以外の方が相続する場合は遺産分割協議書または自動車登録提出用の遺残分割協議書(証明書:自動車に関する名義変更専用として)を別に作成したものを持って手続きとなります(遺言がない場合も同様)。

相続人全員の実印を捺印、全員の印鑑証明添付、故人との関係を証する戸籍謄本など相続人が多い場合の手続きでは意外と手間がかかるものです。

但し、車両の価額が100万円以下の場合は、「遺産分割協議成立申立書」という専用の書式で提出し、次の所有者(相続する人)の記載・実印のみで名義変更が可能です。相続人全員の署名・実印の必要がないので随分とスムーズに手続きが可能となります。

一般的に必要な書類としては以下の通りです。

▼遺産分割協議書車両の価額が100万円以下の場合は、「遺産分割協議成立申立書」で可)

▼住民票(遺産を相続する権利のある人の住民票・死亡した所有者の住民票(除票))

▼印鑑証明書(遺産を相続する権利のある人の印鑑証明書(発行後3ヶ月以内の物))

▼戸籍謄本 (自動車の相続手続きには、被相続人および相続人全員が確認できるもの)

▼実印 (相続人の一人が車を相続する場合は、相続する人の実印)

▼車庫証明 (相続人と死亡した車の所有者の住所が同じ場合は不要)

●必要書類に関しては事前に陸運局に問い合わせをしましょう。

全国陸運局問い合わせ先一覧リンク

車両価額がローンが残っておらず、被相続人の名義であれば名義変更の手続きも割とスムーズですが①-B、①-Cのケースも珍しくはありません。

自動車保険、自動車税の相続

③自動車保険の引継ぎ

忘れないで戴きたいのが自動車保険の手続きです。特に任意保険は名義変更手続きをしてから自動車を乗るようにしましょう。名義変更の手続きができていない時に万が一、事故でも起こした場合を考え、自動車自体の名義変更とともに保険会社へ連絡が必要です。

自賠責保険は法律で定められている車両に付帯する保険の為、変更の必要はありませんが万が一事故があった際には手続きにひと手間かかりますので、同時に変更しておいたほうが無難です。

もし、車両廃車にする場合でも保険会社へ連絡をし、先払いしている保険料などがあれば、返還してもらうことができます。

④自動車税の納付

自動車税は4月1日に車検証に記載されている所有者が1年分の自動車税を支払うことになります。毎年4月下旬ごろから5月中旬くらいまでには発送されますので特に名義変更は必要ありません。但し、前年分をきちんと払っているかは確認したほうが良いでしょう。

自動車を引継ぐという事は、保険、税金、車庫・駐車場の準備等も必要になります。自動車一つでも思わぬ手間だったという実態も少なくありません。
他の相続財産とあわせて相続財産の額を出す必要がありますので、不動産と同様に査定も必要になります。ひとつの窓口で相続の全てが解決する弊社サービスのお問い合わせはコチラからご相談下さい。

相続のお悩み、お気軽にご相談ください。
電話相談の受付時間は平日10:00〜18:00です。