相続で財産目録を作成するメリットとは

2015年11月18日


財産目録をつくろう

財産目録を作成

財産目録といえば、今、向井理さん榮倉奈々さん主演のドラマ「遺産争続」の第一話でも早々と弁護士の先生に財産目録を指示された川村龍太郎(伊藤四郎)でしたが、資産10億の行方をめぐるドラマのような設定でなくても、この財産目録は相続対策の第一歩といえるのです。

なぜ財産目録が必要なのか?

だいたい、家と現金だけだからと考えていても個人の財産の種類はふたを開ければ、あれもこれもと増えたりするものです。専門家が口を揃えて財産目録を作成しろというのにはワケがあります。

0840961af819d6bfe49812c47797194e_m

①財産目録で相続税の申告を考える

全ての財産を把握することで、相続税の申告が必要かどうかを確認することができます。「ざっくり、このくらいだろう」では、遺された相続人がばたばたしてしまう事もあるのです。

②財産目録で相続税の納付額を明らかに

①で財産の全体像を把握することができれば、それを元に相続税の納付額を明らかにし、そこから初めて有効な対策を考える基礎作りができたといえるのです。

③財産目録は円満な遺産分割を実現するための資料に

財産目録を作成しておけば、相続税申告書作成の手間が大幅に軽減できることになります。申告書に相続財産目録を転記すればよいのですから、大変便利です。向井理さんのドラマでも冒頭に出てきたのは弁護士先生もスムーズに事を運ぶ為に龍太郎に依頼したのですね。

円満な遺産分割を実現するために必要不可欠ともいえるのが、この財産目録なのです。

財産目録をみる相続人

財産目録を作っていないとおこるトラブルとは?

いざ、遺産相続となったときに、相続人全員が財産を把握していないということがあります。

遺産の分割を進めるための協議では、相続人同士が話し合いをすることになりますが、その中には故人の財産を管理またはすべて把握していた相続人という人物と、遠方に嫁に出ている子など、その他の相続人との間で情報の差が生じることがあるのです。

その情報の差が出てしまうという事を念頭に置いておく必要があります。情報量の少ない相続人が変な猜疑心をもたないためにも、財産目録は重要な意味を持つのです。

財産目録を作成しよう

お持ちのPCのエクセルなどで作成をしておくとわかりやすく、簡単に作成する事ができます。

財産目録は財産の種類に分ける

財産の種類によって分けて記載しておくとわかりやすいので、「不動産」「現金・預金」「株式・投資信託」「保険」「債務(借金)」「その他」などに分けるのがいいでしょう。

不動産

登記上の内容を記載しておきましょう。住所、宅地、たてもの、地積、床面積、共有者がいるかどうかも書いておくといいですね。

自宅や、家族の誰かが管理している場合は場所もわかりますが、もし自宅から離れ親族が一度も見たこともないような不動産がある場合は地図なども添付しておくといいでしょう。

預貯金・現金

普通預金、定期預金、積み立て等種別と銀行と支店名口座番号も記載しましょう。記載時の金額を明記しておきましょう。

もし、使っていない銀行などがある場合は、整理の際に解約しておくことをおススメします。すぐに現金化できる金の延べ棒なども保管場所と一緒に記載しておくと、現金の資産が一目瞭然です。

f17fee8bf51b3b14d758b1ce1e455fc7_s

株式・投資信託

所有銘柄と取引金融機関、株数、口数と記載字の時価総額を記載しておきましょう。最終的には相続発生時の時価が相続財産の対象となります。

保険

終身保険、定期保険など、保険会社と担当者まで記載しておくと連絡がスムーズです。保険証券の保管場所と受け取り人、死亡保険の受け取り金額を記載しておきましょう。

ただし、死亡保険金に関しては受取人固有の財産となりますのでご注意下さい。【関連記事:相続の対策にもなる保険金。メリットは保険金の控除だけじゃない!

借入金

住宅ローンの金融機関、団信の加入の有無、車のローンのローン会社、そして金額などを明記しておきましょう。返済方法と月々の額などが書いておくとわかりやすいですね。

債務と考えられるものに関しては金額が小さくても細かく書いておくことをおススメします。

贈与

生前贈与をしている場合は注意が必要です。ありがちな住宅資金、結婚資金、事業資金など特別受益に該当しそうな項目があればまとめて記載しておきましょう。トラブルの火種となる一番の重要な項目です。

その他

例えば、切手のコレクションなど、思い入れがあり、かつ少しでも換金できそうなものは書いておくと良いかもしれません。相続人の誰かがあなたの好きだった趣味を大切に保管してくれるかも知れませんし、ごみだと思って換金もされずに捨てられるのは寂しいですからね。

財産目録眺める夫婦

これらの財産の種類別に表にし、種類別に合計額を出しておくと遺産分割協議や遺言書と照らし合わせた際にわかりやすいものとなります。

財産目録を生前に作成した場合、相続人に内容を明かさなくとも作成したことと誰に託しているか、またはどこに保管しておくかを伝えておくと、相続が発生した際にも相続人が慌てずにすみますね。

 

財産目録に関するご質問ご相談は下記よりどうぞ(無料)
btn-mv-index-action11

 


相続のお悩み、お気軽にご相談ください。
電話相談の受付時間は平日10:00〜18:00です。